佐々木グループ

社名 株式会社佐々木商会
本社所在地 八戸市城下3の9の10
電話 0178(43)2632
設立 1953年6月
事業内容 塗装-戸建て-工場・商業施設-公共施設・内外装リフォーム・エクステリア
資本金 1000万円
従業員数 33人(2022年7月現在)
グループ会社 ㈱ササキハウジングカンパニー、㈱しあわせ家族
【HP】  https://www.paintsasaki.com/ 【採用サイト】  https://wagaya-renove.com/recruit-paintsasaki/

取締役 佐々木 雅史 氏

採用情報

職種 営業・新規事業立ち上げ・総務・多能工職人
勤務地 八戸市
勤務時間 8:00~17:00
インターンシップ なし
社会人採用 あり
採用実績 2022年度5人(男性3人、女性2人)、21年度5人(男性3人、女性2人)、20年度7人(男性6人、女性1人)
給与 大卒17万円、高卒14万5000円
諸手当 役職、資格、通勤、営業、家族、健康
昇給 年1回
賞与 年2~3回(8月、12月、※10月決算による)
休日休暇 年間100日(隔週土日、祝日、会社カレンダー規定)
保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険
福利厚生 自宅&実家リフォーム特価割引、iPhone支給、APPIスキー場ホテル&1日チケット無料、レクリエーション活動、資格取得費用助成、定期社員称賛制度、退職金、(職人は毎年作業着等支給)その他多数あり
大卒選考の流れ 特性検査、面接→面接(社長)
お問い合わせ ☎(0120)846339
Email:sasaki01@sasaki‐shoukai.co.jp

「まちづくり」の共感求む

―事業内容は。

 ササキグループは創業70年の塗装専門工事会社の佐々木商会(ガイソー八戸店)を筆頭に、2005年に住宅リフォーム&リノベーション専門店のササキハウジングカンパニー(リフォームササキ)、19年から歩行特化半日型リハビリデイサービスのしあわせ家族(コンパスウォーク)の3社を展開している。3社グループとして共通する理念は「家族とお客さまの幸せ」(家族=社員)の創造。そして、生まれ育った街・八戸への恩返し、住み慣れた家に安心して暮らせるような地域を創りたいという想いだ。

―事業展望は。

 地域社会に貢献できる事業を展開していく。2035年までにグループ売り上げ100億円突破。100の企業や事業を作り、100人の情熱あふれた経営者、リーダーを誕生させる。社会問題になっている空き家対策がその一つ。人口減少や少子高齢化で空き家が増えることで景観を損ない、治安も悪くなる。空き家を管理する人が減っている中で、3年前から空き家再生を目的としたリノベーション事業を始めた。さらには空き家を解体する事業も進めたい。安心安全、良心価格を提供するために近年は大工や屋根板金職人を雇用し、塗装だけでなく外装リフォーム・エクステリアなど外回り全てに対応、特化したサービスの提供を進めている。

―求める人材は。

 素直でプラス思考、自分を磨き続けられる人。青森や八戸のお役に立ち、貢献していきたい―という「まちづくり」の想いに共感してくれる若い力を求めている。

仕事で得た感動発表/コンテスト東北予選会(2017/08/13)

仕事を通じて、感動した話を発表する出場者/企業の現場で起きたドラマチックな出来事を発表する「感動物語コンテスト」東北予選会が7日、八戸市のユートリーで開かれ、会場は温かな雰囲気に包まれた。カンコン東北予選会実行委員会(佐々木康之委員長)が主催。青森県内の開催は初めてで、予選会には東北地方を拠点とする企業5社が参加した。八戸市の建築塗装業・佐々木商会の立花学さん(44)は、自身の娘が通う保育園の修復工事に携わった話を紹介。立花さんは仕事を通して、多くの人に喜んでもらえるやりがいを強く実感したという。審査の結果、佐々木商会が優勝し、11月11日に大阪市中央公会堂で開かれる全国大会に出場する。

住宅増改築手掛ける/ササキハウジングカンパニー(リフォームササキ)/地域貢献 「住育」も推進(2012/09/16)

「地域ナンバーワンの顧客満足度を目指したい」と語る佐々木康之社長/本社所在地は八戸市城下3の9の10。店舗を八戸市、十和田市、おいらせ町に構える。佐々木康之社長。2006年1月設立の株式会社。資本金500万円。従業員12人。11年12月期の年商は3億円。電話番号は0178(43)2633。

八戸市のササキハウジングカンパニー(リフォームササキ)は住宅の増改築など、リフォーム工事を中心に手掛ける。工事の実績は毎年500件以上。佐々木康之社長(53)は「地域の皆さまの困り事を改善するのが仕事。お客さまがしたい暮らしを実現することに自信がある」と言葉に力を込める。同社は2006年1月、塗装工事業の佐々木商会(八戸市)からリフォーム事業部を分社化して設立した。理念には「住まいづくりを通じて顧客にお役立ちと幸せを提供する」ことに加え、業界内で悪徳業者の話を聞くこともあることから「番人としてリフォームで後悔しない地域を構築する」ことなどを掲げている。業務では、相談や申し込みを受けた後、現地調査などを実施。その後、顧客の要望をより具体的、かつ最善の形にするため、社としてもプランを提案しながら完工を目指す。アフターフォロー体制も整え、一定期間ごとに不具合などがないかを確認。顧客にはアンケートを依頼し、その結果も踏まえて常に顧客満足度を高めるよう努めているという。また、通常業務のほか、住宅の増改築情報やリフォーム事例を紹介したり、無料相談を受け付ける「市民リフォーム祭」を毎年開催。ことしは15、16日に八戸総合卸センター会館で開催中で、佐々木社長は「地域に必要とされることを追求していきたい」と話す。同市南類家にある八戸東店の2階をコミュニティースペースとして貸し出し、地域貢献にも力を入れる。今後の展開について佐々木社長は「規模よりも質を上げていきたい」と語り、住まいを通じて家庭内の環境や喜び、利便性を高める「住育」も推進する姿勢を示す。